不動産について

働かなくても収入があるのが不動産での不労所得

生活をするためには毎日会社へ行き、定時まで働いて時には残業をして、夜は帰宅をしてまた翌朝は仕事という毎日を送るのが、一般的なサラリーマンの収入を得る方法です。
週末の休みを楽しみにしながら、平日は残業をこなしたり、仕事関係や会社の飲み会に付き合ったりと、収入のために一生懸命働いています。
不労所得というのはその名の通り、毎日満員電車に揺られて通勤をしなくても、残業で遅くなる心配をしなくても良い、勝手に収入が入ってくる方法です。
そんなうまい話が世の中にあるのかといえば、不動産所得はまさにその決定版だと言えます。
もしも自分が体調を崩したり、けがをしたりしたら、会社を休んだり辞める事態になるかもしれませんが、自分がどのような事態になろうとも、不動産所得は関係はありません。
働けなくなったとして会社を退職しても不動産所得があれば、毎月家賃は口座に振り込まれることになります。
株式投資で大幅な利益を上げようとしても、売買のタイミングに常に目を光らせる必要があります。
しかし不動産投資であれば、投資用の不動産を入手して、家賃収入が発生をすれば、借り手がいる限り家賃という収入が入るので、不労所得を得ることが可能です。

Copyright© 不動産l Rights Reserved.